低用量ピルの服用をお考えでしたら、トリキュラーをおすすめします!トリキュラーは低用量ピルの代表と言ってもいいでしょう。ではなぜ、トリキュラーは有名で人気があるのでしょうか。

トリキュラーの画像

生理痛が酷いなら亜鉛摂取とトリキュラーを初める

生理痛に悩んでいる女性は、少なくありません。
酷い場合は痛みから学校や会社を休んでしまったり、気絶してしまうケースもあるほどです。
これだけ痛みを伴う生理痛ですが、女性であれば必ずしも生理痛が起こるという訳ではありません。
生理痛のレベルは個人差が大きく、全く痛みを感じない女性もいるようです。
辛い症状が生理の間続く、生理痛は少しでも緩和したいものです。
生理痛が起こる原因は色々とありますが、亜鉛が不足すると起こりやすくなると言われています。
亜鉛はホルモンを作る栄養素で、不足すると女性ホルモンバランスが乱れます。
すると、生理痛が起こりやすくなるのです。
亜鉛は食事からでも補えますが、現代人の食生活では毎日、十分な量を補うのは難しいでしょう。
しっかり亜鉛を補いたい場合は、サプリメントで補う方法がおすすめです。
また、亜鉛だけでなくピルでの治療も、生理痛の緩和に効果を発揮します。
ピルといえば避妊薬としてのイメージが強い薬ですが、最近は生理痛や子宮内膜症など、女性特有の治療にも用いられています。
ピルを服用する事で子宮内膜が、厚くなり過ぎるのを防ぐ働きがあります。
子宮内膜にはプロスタグランジンという物質が作られるのですが、このプロスタグランジンは子宮を収縮する作用を持っており、子宮内膜が厚くなればなるほど、プロスタグランジンが増え生理となった時に、強く子宮が収縮する為、生理痛が起こるのです。
子宮内膜の厚さをコントロールできるピルを活用すれば、生理痛も緩和できます。
ピルの中でもトリキュラーというピルは、超低用量ピルというホルモン剤が最小限に抑えられているのが特徴です。
服用しても急激に女性ホルモンバランスが変化しない為、初めてピルを飲むという方も、副作用を感じにくいでしょう。