低用量ピルの服用をお考えでしたら、トリキュラーをおすすめします!トリキュラーは低用量ピルの代表と言ってもいいでしょう。ではなぜ、トリキュラーは有名で人気があるのでしょうか。

トリキュラーの画像

トリキュラーやペッサリーは女性の避妊方法と献血

避妊といえば男性が行うものという考え方が、日本ではまだまだあります。
ですが、中には避妊に協力的でない男性もいますし、もしかしたら性犯罪に巻き込まれる可能性も考えられます。
海外ではコンドームは避妊目的ではなく、性感染症の予防として用いられるケースが多いようです。
避妊にはピルやその他、女性ができる避妊方法を選ぶ方が多いと言われています。
日本でもトリキュラーを初めとする、低用量ピルはペッサリーといった避妊具を使い、女性も自分で身を守る必要があるでしょう。
ピルは排卵を抑える薬です。
排卵が無ければ受精卵となる事も無く、確実に避妊の効果を得られます。
最近は低用量ピルといって、ホルモン剤を最小限に抑えたピルが主流です。
含まれるホルモン剤の量が少ない為、副作用も起こり難いと言われています。
トリキュラーは低用量ピルの中でも、特に副作用が起こり難いピルとして、日本で普及しているピルです。
低用量ピルであれば、服用していても献血は問題なく行えます。
ペッサリーは避妊具の1つで、精子が子宮の中に入ってこないよう、蓋をするような形となります。
天然ゴム製の蓋のような避妊具を、性交渉の前に自分で子宮の前まで装着します。
ペッサリーに殺精子剤を塗り、その後に装着するのです。
そして、性交渉の8時間後に取り出します。
どちらの方法で避妊を行うかは、ライフスタイルなどを考慮して決めましょう。
ピルは毎日飲み続けなければ、排卵を起こし避妊の効果は得られません。
ですので、ついうっかり飲み忘れをしてしまうという方は、性交渉の直前に準備ができるペッサリーが向いているかもしれません。
自分で避妊具を装着する事に抵抗があるという方は、錠剤を服用するだけで良いピルがおすすめです。